VOCAL SCHOOL
TOKYO / NAGOYA / FUKUOKA

  • お問い合わせ
  • MENU

無料体験レッスンはお電話、または下記ボタンの
メールフォームよりご予約いただけます。
ご予約以外でもお気軽にお問い合わせください。

閉じる

KNOWLEDGEボーカル・ボイストレーニングの知識

【ボイストレーニング】喉を開く発声とは


歌が上手い人は「喉を開いて」歌っています。
喉を閉じた状態で歌うと、喉を痛める原因にもなりますので、喉は開いて歌う方が良いのですが、多くの人がそもそも「喉を開く」ことのイメージが沸かないと思います。
喉を開くとはどういうことなのか、どのように練習すれば喉を開くことができるようになるのか、その方法をいくつかご紹介します。


■喉を痛める歌い方


歌を歌っていて喉が痛くなる、声がかすれてしまうなどの主な原因は2つです。


(1)喉が閉じている


喉が閉じたまま歌うと、大きな負担がかかって喉が痛くなります。
口を大きく開けることが、喉を開くことにはなりません。
喉が閉まった状態というのは、咳やタンを切る時のような喉に力が入ってしまっている状態のことです。
喉が閉まっていると、余計な力が喉に入ってしまって高音が出なくて、息も続かなくなります。
それでも歌い続けていると、喉を痛めて声が出にくくなってしまいます。


(2)息が強い・息の量が多い


大きい声や高い声を出すために息を強く吐いたり、息の量を増やすと喉を痛めてしまいます。
声を大きくしたり、高くするために必要な息の強さや量は、通常の声のときと変わりません。
どんな声を出すにしても、必要な息の強さや量は常に一定です。
声帯に不必要な呼気をぶつけて負担をかけるのは良くありません。


■喉声と開いた発声の違い


(1)喉声とは


喉声とは、喉に力が入って喉を締め付けた状態の声のことをいいます。
喉仏が上がって口の中の空間が狭くなって、何かがつまっているような声のことです。
力任せに大声や高い声を無理矢理に出そうとすると、喉に力が入って喉声になりやすいです。
聞き苦しい声であまり良い印象はなく、無駄な力が入っているせいで効率が悪くて喉が消耗しやすいです。


(2)喉を開いた発声


喉を開いた状態とは、喉仏が下がって口蓋垂(こうがいすい)という部分が上がっている状態のことです。
口蓋垂は、のどちんこ辺りです。
喉を開くには口蓋垂を上げるのですが、イメージとしてはあくびの状態です。


(3)喉声と開いた発声の違い


喉を開いた状態で発声すると、喉声と違ってお腹から声が出るので芯のある力強い発声になります。
鼻腔にも声が響くようになって、響きも良くなります。


ご自分の発声はどちらのタイプでしょうか。
次回は、喉を開く発声はどうすればいいのかについてお話します。

多数のメジャーデビュー実績を誇るVOATボーカルスクール

体験レッスンがオンラインでも受けられます!

LINeで予約する
LINEで予約する【24時間受付可能】

ご希望の店舗を選択し「友だちを追加」後、体験レッスンをお気軽にお申込み頂けます。

WEBで予約する
WEBで予約する【24時間受付可能】

下記ボタンより申込フォームにお進みください。必要事項を入力していただき、お申込みいただけます。

電話で予約する
電話で予約する

体験レッスンを受けたい校舎や希望日時をお電話にてお伝えください。わからないことなどあれば、お気軽にお電話ください。

オンライン無料体験レッスンから
入校の流れ
STEP1
体験ご予約
オンライン予約

体験レッスン予約フォーム or LINEから希望日時を指定してご予約ください。空き状況を確認してVOATスタッフから折り返しの連絡をさせていただきます。

STEP2
オンライン環境の確認
オンライン環境の確認

ご不安な方は事前にオンラインの環境をスタッフが確認させていただきますのでご安心ください。

STEP3
オンライン
レッスン開始
オンラインレッスン開始

レッスンの希望や悩みなどをお聞かせください。あなたの目標や目的に合わせたレッスンを提供。

STEP4
入 校
入校

レッスン終了後はスタッフがオンラインにて丁寧にスクール説明。気に入っていただけたらそのままオンラインで入校手続きができます。WEB入校ページより手続きをお願いいたします。