サイケデリック・ロック

1960年代中頃、サンフランシスコを中心に起こったフラワー・ムーブメント、ヒッピーなどの風俗的な文化運動に加え、ドラッグの幻覚体験を背景に生まれた音楽。ブルースはもちろん、様々な音楽要素を取り入れた長時間の即興演奏が特徴。ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジェファーソン・エアプレイン、スティーブ・ミラー・バンドが代表的といえる。そのままアメリカ全土、世界各地に広がり、ニュー・ヨークのベルベット・アンダーグラウンド、ロサンジェルスのドアーズ、ロンドンのピンク・フロイドなどが脚光を浴びる。

関連語句

ケーデンス【cadence】
現代音楽【contemporary music】
喉頭咽頭【laryngo-pharynx】
黒人霊歌
ゴスペル【gospel】
コード【chord】
コーラス【chorus】
ころがし【monitor speaker】
サイケデリック・ロック
サウンド・トラック【sound track】
サザン・ソウル【southern soul】
サザン・ロック【southern rock】
サスペンデッド・フォース・コード
サーフィン・ミュージック
サブスティテュート・コード
サブドミナント終止
サブドミナント・マイナー・コード
サルサ【salsa】
サンバ【samba】
サンプラー【sampler】
シカゴ・ブルース【Chicago blues】
指揮者【conductor】
シーケンサー【sequencer】
シャウト【shout】
借用和音【borrowed chord】
ジャズ【jazz】
ジャズ・ボーカル【jazz vocal】
ジャングル【jungle】
シャンソン【chanson】
ジャンプ【jump】
ジャンプ・ブルース【jump blues】
終止記号【cadence mark】
主要三和音【primary triads】
循環コード【cycle chord】
シンガー・ソング・ライター
進行【motion】
シンコペーション【syncopation】
スウィング・ミュージック
スカ【ska】
スキャット【scat】
スクラッチ【scratch】
スタジオ・ミュージシャン
スティール・ギター【steel guitar】
スティール・ドラム【steel drum】
ボイストレーニングはボーカルスクールVOATへ戻る