カントリー・ブルース【country blues】

フォーク・ブルースとも呼ばれる。一般にジャズ・ブルースに対する言葉として用いられ、アコースティック・ギターの弾き語りで、オープン・チューニング、ボトル・ネックを使用するのが特徴。ミシシッピーのチャーリー・パットン、テキサスのブラインド・レモン・ジェファーソン、アラバマのエド・ベルなどが代表的ミュージシャン。

関連語句

演歌
横隔膜【diaphragm】
横隔膜呼吸【diaphragmatic breathing】
オフ・ビート【off beat】
オフ・マイク【off microphone setting】
オープン・ヴォイシング【open voicing】
オペラ【opera】
オールディーズ【oldies】
音感【pitch】
音符【note】
音部記号【clef】
オン・マイク【on microphone setting】
階名【syllable names】
カウンター・メロディー【counter melody】
楽典【musical grammar notation】
仮声帯【false folds】
下属音【sub-dominant】
括約筋【sphincter muscle】
かぶり
ガリ【noise from circuit】
間【space】
環境音楽【ambient music】
カンサス・シティ・ジャズ【Kansas city jazz】
カントリー・アンド・ウェスタン【country and western】
カントリー・ブルース【country blues】
カントリー・ロック【country rock】
完パケ【complete package】
キー【key】
胸郭【thorax】
協和音【consonance】
近親調【related key】
クィンテット【quintet】
クラシック【classical music】
クラシック・ブルース【classical blues】
クラスター【cluster】
グラム・ロック【glam rock】
クリシェ【cliche】
グリッサンド【glissando】
クール・ジャズ【cool jazz】
グループ・サウンズ
クローズ・ヴォイシング
クロス・フェード【cross fade】
ゲー【G】
経過音【passing tone】
掛留音【suspension】
ボイストレーニングトップへ戻る