ウエストコースト・ジャズ

50年代にアメリカ西海岸で流行した、ハリウッド中心の白人による洗練されたジャズ。非常に音楽的教養が高くセンスの良いもので、アート・ペッパー、ジェリー・マリガンが代表的。

関連語句

アー【A】
アウフタクト【auftakt】
アカデミー【academy】
ア・カペラ【a cappella】
アクセント【accent】
アコースティック【acoustic】
アタリ【あたり】
アダージョ【adagio】
アタック【attack】
アチェレランド【accelerando】
アーティキュレーション【articulation】
アドリブ【ad-lib】
アナライズ【analyse】
アーバン・ブルース【urban blues】
アプローチ・ノート【approach note】
アルペジオ【arpeggio】
アレンジメント【arrangement】
アンサンブル【ensemble】
アンプ【amplifier】
イー【E】
倚音(いおん)【appoggiature(アポジャトゥーラ)】
イコライザー【equalizer】
1度【prime】
移調【transposition】
逸音【escape tone】
移動ド【movable Do】
インストゥルメンタル【instrumental】
イン・ツー【in two】
インディーズ【indies】
咽頭(いんとう)【pharynx】
ヴィブラート【vibrato】
ウインド・スクリーン【wind screen】
ウェストコースト・サウンド
ウエストコースト・ジャズ
ウエストコースト・ブルース
ヴォイシング【voicing】
ヴォーカル・フライ【vocal fry】
歌モノ【vocal】
打ち込み【programming】
上モノ【treble section】
エー【E】
嬰音【sharp】
エスノ・ミュージック【ethno music】
エスノ・ロック【ethno rock】
エマトーズ
ボイストレーニングはボーカルスクールVOATトップへ戻る