シャンソン【chanson】

シャンソンはもともと音楽のジャンルを表す言葉ではなく、フランス語地域の住民の気質や風土から生まれたフランス庶民の歌である。現代シャンソンの始まりは1933年スイングをいち早くとりいれ、感性の音楽として完成させたシャルル・トレネからだといわれている。その後エディット・ピアフ、イブ・モンタン、シャルル・アズナブールなどが活躍する。

関連語句

ケーデンス【cadence】
現代音楽【contemporary music】
喉頭咽頭【laryngo-pharynx】
黒人霊歌
ゴスペル【gospel】
コード【chord】
コーラス【chorus】
ころがし【monitor speaker】
サイケデリック・ロック
サウンド・トラック【sound track】
サザン・ソウル【southern soul】
サザン・ロック【southern rock】
サスペンデッド・フォース・コード
サーフィン・ミュージック
サブスティテュート・コード
サブドミナント終止
サブドミナント・マイナー・コード
サルサ【salsa】
サンバ【samba】
サンプラー【sampler】
シカゴ・ブルース【Chicago blues】
指揮者【conductor】
シーケンサー【sequencer】
シャウト【shout】
借用和音【borrowed chord】
ジャズ【jazz】
ジャズ・ボーカル【jazz vocal】
ジャングル【jungle】
シャンソン【chanson】
ジャンプ【jump】
ジャンプ・ブルース【jump blues】
終止記号【cadence mark】
主要三和音【primary triads】
循環コード【cycle chord】
シンガー・ソング・ライター
進行【motion】
シンコペーション【syncopation】
スウィング・ミュージック
スカ【ska】
スキャット【scat】
スクラッチ【scratch】
スタジオ・ミュージシャン
スティール・ギター【steel guitar】
スティール・ドラム【steel drum】
ボイストレーニングはボーカルスクールVOATへ戻る