質疑応答のポイントは

審査員は、応募書類を参考にして、趣味や特技について質問してくることが多いのです。聞かれたことにはできるだけ具体的に、素直に答えましょう(敬語を忘れずに)。そこから話が盛り上がったりすれば、自分を印象づけられることでしょう。もし、予期しない質問があったとしても、理屈っぽく答えたり、反抗的な態度にならないよう、注意しましょうね。

関連語句

あなたが目標とする人は?
受付や控え室にて
入室の時は…!
自己PRをするなら
実技審査の順番がまわってきたら
質疑応答のポイントは
退室の際には。
面接の通知が届かない場合!
もし急に面接日を変更したくなったら
当日どうしても行けなくなったり、遅刻しそうな時は。
オーディションTOPへ戻る